抗がん剤の副作用に悩まないために

現在日本の医療現場では、
がんの治療のほとんどが抗がん剤に頼ったものです。

 

抗がん剤はがん細胞を殺すと同時に、
恐るべき副作用をもたらす存在です。

 

 

抗がん剤の副作用の知識を身につけることで、
この先どのような人生を送っていくのかを考えましょう。

 

 

 

抗がん剤の副作用はなぜ起こるのか?

 

抗がん剤は、がん細胞を攻撃して死滅させます。

 

ところがこの作用は、がん細胞と同時に正常な細胞まで傷つけてしまうことが多く、その結果、強い副作用(薬物有害反応)が現れることがあります。

 

 

頻繁に分裂する細胞が狙われる

抗がん剤の多くは、細胞自体あるいは細胞の中にあるDNAに致命的な障害を及ぼすようにつくられています。
がん細胞は細胞分裂が活発なため、その分、抗がん剤の攻撃にさらされやすいわけです。

 

しかし、さかんに分裂・増殖をするのは、がん細胞だけではありません。
正常細胞でも、血液をつくる骨髄の造血細胞や口腔粘膜、消化管、(胃腸)粘膜、毛根細胞などは頻繁に細胞分裂をしているため、
がん細胞と同様に抗がん剤の作用を受けやすく、傷つきやすくなります。

 

造血細胞が傷ついて十分に分裂・増殖できなくなると、赤血球や白血球、血小板などがつくられなくなり、
貧血や深刻な感染症、出血などを引き起こしやすくなります。

 

感染症についてはこちら

 

また、傷ついた正常細胞が毛根制胞であれば脱毛、
口腔粘膜なら口内炎、消化管粘膜なら、吐き気や下痢といった症状が副作用としてあらわれます。

 

 

吐き気・脱毛・白血球減少に注意

とくに起こりやすい副作用は吐き気、脱毛、白血球の減少などです。
副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によって速い、個人差もかなりあります。

 

しかし、副作用がまったくない抗がん剤は、残念なことに現時点ではまだ開発されていません。
抗がん剤の多くは、その効果を得るために、どうしても副作用が避けられないことがあります。

 

 

漢方薬の使用

漢方薬によるがんの治療は
   西洋医学によるがんの治療と根本的な”目的”が違います。

 

例えば西洋医学ががん細胞を排除するためにミクロで見ているのに対し、
漢方薬による治療、つまりは東洋医学はがんに侵された身体の回復を目的としてマクロで見ています。
また漢方薬による治療は副作用が非常に少ない為、抗がん剤のように副作用による様々なダメージを受けずに治療ができます。
身体の回復・増強を目指した治療となるので、摘出手術後や抗がん剤でボロボロになってしまった身体に漢方薬治療を用いることも多いようです。

 

漢方で用いるものは、全て自然の植物などから作られています。
古い時代では、西洋医学も自然のものから薬を作っていました。
現在でもハーブなどの形で楽しまれているのは、その名残とも言えます。

 

しかし、いつしか西洋医学は身体を切って手術を行ったり、化学的な薬を作る道に進んで行きました。
一方で東洋医学は自然の恵みともいえる漢方に集中して着目し、その技術を発達させていったのです。

 

漢方薬は、基本的に個人個人に合わせて調合されていきます。
その時の状態や個人差に合わせて、何を・どれくらい・どうやって調合するのか、ほぼオーダーメイドで処方されます。
体力を上げることや血液の流れを良くすること、体温を上げることなどなど、西洋医学では行われないがん治療に必要な要素がたくさん詰まっています。

 

漢方薬ではないですが、青汁の抗がん作用もあるのではないかとも言われています。抗酸化作用の高い成分が含まれているので、青汁を飲んで予防に繋がるのであればいいですね。