抗がん剤で起こる脱毛という副作用について

MENU

脱毛

 

ほとんどの抗がん剤で起こり精神面のダメージが深刻

 

毛の根もとにある毛母細胞は、体毛の成長に重要な働きがあります。
体毛のなかでも頭髪は、とくに成長が早くて細胞分裂も盛んです。

 

そのため抗がん剤による影響を受けやすく、脱毛は抗がん剤治療を受けている患者さんにしばしば起こります。
身体的に危険な副作用ではありませんが、容貌が大きく変化するため、とくに女性にとって精神的ダメージが大きいことが問題です。

 

ほとんどの抗がん剤で脱毛がみられますが、なかでもパクリタキセル、ドセタキセル、エトポシド、ドキソルピシン、イリノテカン、シクロホスフアミドなどではしばしば顕著な脱毛が起こります。

 

 

脱毛は一時的なもの治療後には再生が始まる

 

ある日突然、ヘアブラシ、枕などに毛がまとまってついていることがあります。
脱毛量は抗がん剤の種類と用量、投与法のほか、人によっても異なり、頭髪が全部抜けたり、気づかないほど少量の場合もあります。

 

脱毛は放射線療法でもみられますが、抗がん剤治療とでは起こり方に違いがあります。
放射線療法では放射線を照射した部分だけが脱毛するのに対し、抗がん剤治療の場合は頭髪だけでなく、ときには眉毛やまつ毛、わきの下の毛や陰毛なども抜けることがあります。

 

一般に、脱毛は抗がん剤治療の開始から2~3週間に始まり、抗ガン剤投与中はその過程が進行します。普通1か月ほどで脱毛がかなり目立つようになります。

 

抗がん剤の種類や用量にもよりますが、強い場合は毛髪がほとんど抜け落ちます。
抗ガン剤治療を繰り返す過程で発毛することもありますが、多くの場合、また抜けてしまいます。

 

しかし、脱毛は一時的なもので、抗がん剤治療が終わると、2~3か月後にはまた生え始めます。
ただ、再生した毛髪は、元の髪の色や質としばしば異なることがあります。

 

脱毛を完全に防ぐ方法はありません。
これまで、頭に圧迫帯を巻いたり、頭部を冷やす特殊な帽子をかぶるなどして、頭皮へ及ぼす抗がん剤の影響を減らすことで、脱毛を予防する工夫が試みられてきました。

 

また、発毛剤の使用などいくつかの方法が検討されてきましたが、有効性が認められていないのが現状です。

 

脱毛への対処法

  • 髪の清潔を保ち、洗髪は中性のシャンプーで優しく洗う
  • 髪の毛を溶かす時は、柔らかく目の粗いブラシを用いる
  • 露出した頭皮は直射日光に当てない。帽子やバンダナでカバーするのもおしゃれ
  • 髪を短くカットしておくと、抜け毛の始末がしやすく、髪の喪失感もやわらぐ
  • かつらは家族や友人に見てもらって選ぶと、ぴったりのモノが見つかる
  • 脱毛を体験した患者さんと交流し、精神的な苦痛をやわらげる

 

 

かつらやパンダナの使用で心理的負担を軽くする

 

脱毛について知らないと、精神的ショックが大きいものです。
あらかじめ脱毛の開始時期や期間、再生時期などの説明を受けておきましょう。

 

治療前に頭髪を短めにカットしておくと、脱毛のショックをいくらかでも軽減できます。
脱毛が始まったら、一時的に帽子やパンダナ、かつらを使用するのもいいでしょう。

 

苦痛が大きいときは、容貌の変化についての悩みを、率直に看護師や医師に伝えます。
病院によっては、「心の相談室」を設けるなど、担当チームによる支援が受けられます。

 

また地域の支援グループや患者の会、インターネットの情報サイトなどに相談すれば、精神的な支援のほか、脱毛をカバーするための実用的なアドバイスも受けられます。