抗がん剤の副作用で食欲不振に悩む方へ

MENU

食欲不振(味覚障害)

 

味覚障害が食欲不振をまねく亜鉛の吸収低下も一因に

 

多くの抗がん剤には、食欲不振の副作用があります。
また同様に、味覚障害も各種の抗がん剤の副作用の一つです。

 

抗がん剤による食欲不振や味覚障害には、吐き気、幅吐、下痢、便秘、不眠、不安、うつなどの副作用が大きく影響しています。

 

口内炎末梢神経障害なども、味覚障害を引き起こしやすく、食欲不振につながることが多いとされています。

 

味覚障害とは、飲食物の味や食感が変化した状態です。
味を感じる味蕾を構成する味細胞や、味細胞から中枢に向かう舌神経、舌咽神経などの末梢神経が、抗がん剤によって障害を受けることで起こります。

 

また、抗がん剤のもつ神経毒性のほかに、抗がん剤の亜鉛に対するキレート作用(亜鉛と結合して体外に排出する性質)によって、味蕾が必要としている亜鉛の吸収が阻害されるためともいわれています。

 

 

昧覚障害の症状はさまざま・高齢者ほど程こりやすい

 

高齢者の場合、昧細胞は年齢とともに減少し、味を感じる機能も低下しています。
味の成分は唾液に溶けて味菅に運ばれますが、高齢者の場合、唾液の分泌機能も低下しています。

 

このため口内が乾燥しやすく、舌苔(舌に付着した灰白色または黄褐色のこけ様の汚れ)が増加するといった原因も重なって、味覚障害を起こしやすい傾向にあります。

 

食欲不振の大きな原因の一つである味覚障害では、金属のような味、砂をかむような食感、舌に膜が張ったような感じがする、味に過敏になる、鈍感になるなどの症状があらわれます。

 

 

口内炎の予防が大切・昧覚障害には亜鉛が効果的

 

栄養状態が悪くなると、治療にも悪影響を及ぼします。
食欲不振そのものは予防できませんが、重症化させないためには、食欲不振を助長する口内炎を予防したり、悪化させないことが大切です。

 

また、味覚障害の予防・改善には亜鉛の摂取が効果的です。
亜鉛は魚介類(とくにカキ、するめ、煮干し、うなぎの蒲焼きなど)や肉類(とくに牛肉、豚レバー、羊肉など)のほか、牛乳、パルメザンチーズ、玄米、小麦匹芽、ごま、ぬか、豆類などに多く含まれ、食事で手軽に摂取できます。

 

抗がん剤の影響や栄養状態の悪化で極端に亜鉛が不足している場合は、亜鉛製剤を使用することもあります。しかし、どうしても食事がとれず、水分も十分にとれない場合には、輸液や経腸栄養が必要となります。

 

 

食欲がなくても、工夫して栄養価の高い食事を

 

抗がん剤治療中の人は、基礎代謝の1.5~2倍のエネルギーが必要といわれます。
したがって、食欲がなくても回復を助けるために、牛乳、卵、チーズなど、栄養価の高い食事をとることが大切です。

 

味覚の低下、変化に対しては、味つけを工夫します。
口内が乾燥していると、味覚がにぶくなりがちです。

 

食前にレモン水などで、つがいをすると、唾液の分泌が促され、口の中もさっばりして味を感じやすくなることがあります。

 

食事・調理の工夫

  • 少量ずつ何回かに分けてとる
  • 飲み込みにくいものは、小さく切ってとろみをつける
  • おいしそうに盛り付ける事も大切
  • 卵豆腐や茶わん蒸し、プリン、アイスクリームなど釣るんとしてモノが食べやすい
  • 空腹のとき、すぐ食べられるようクラッカー、チーズ、ピーナッツバター、ヨーグルトなどを用意
  • できれば、固形のものを優先的に食べる

 

 

 

味付けの工夫

 

苦みを強く感じる・金属味を感じる場合

  • 塩味やしょうゆ味で感じるときは、塩分を控えめにしたり、味噌を使う
  • 昆布やかつおなどだしをきかせる。
  • レモン、酢、ごま、薬味、香辛料を使う

 

甘味を強く感じる場合

  • 砂糖、みりんなどを控え、塩分制限がなければ塩、しょうゆ、味噌などを多めにする。
  • 汁ものは甘く感じない事があるので、汁ものを取り入れる。
  • 酸味のあるジュースや酢、スパイスを使う

 

味を感じにくい場合

  • 塩分制限がなければ、濃いめの味付けにする
  • 果物、酢のもの、汁ものを多く取り入れる
  • 人肌程度の温度にして食べる