抗がん剤の副作用・貧血には個人差があります

MENU

貧血(赤血球減少)

 

原因となる骨髄抑制は、ほとんどの抗がん剤で起とる

 

抗がん剤は、とくに細胞分裂の活発な組織に影響を及ぽします。
血液細胞をつくっている骨髄はその代表です。

 

血液は赤血球、白血球、血小板からできています。
骨髄が障害を受けると、正常な赤血球、白血球、血小板が減少してしまいます。
これを骨髄抑制といい、ほとんどの抗がん剤で起こります。

 

赤血球は、中に含まれるヘモグロビンという赤い色素が、肺で受けとった酸素を全身の細胞に運搬、供給することによって、生命を維持する重要な働きをしています。

 

抗がん剤により赤血球数やヘモグロビン量が著しく減少すると、組織が酸素不足に陥り、貧血の症状が出てきます。

 

 

個人差があるが、自覚症状がない場合も。

 

貧血の症状があらわれる時期は薬剤によって異なり、個人差もありますが、治療を開始してから数週~数か月後とされています。
その程度も使用する薬剤や量、年齢、全身状態などによって個人差があります。

 

貧血は、ヘモグロビン量が低下するほど症状が重くなります。
軽症の場合は、皮膚や唇、まぶたの裏などが青白くなる程度ですが、症状がみられないことも少なくありません。

 

組織への酸素供給が低下すると、心拍数や呼吸数の増加、動停、息切れなとがあらわれ、脳や末梢細胞への酸素供給が低下すると耳鳴り、めまい、疲労、倦怠感、頭痛、思考力低下などが起きてきます。

 

そして全身が酸素不足になると、低体温、心不全やむくみを生じたり、昏睡に陥って生命が危険になることもあります。

 

また、慢性の貧血は徐々に進行するため、自覚症状がないこともあります。
この場合、突然、転倒などの事故を起こす危険が高まるので、注意が必要です。

 

 

治療は赤血球輸血。よくかんで栄養素を吸収。

 

一般にヘモグロビン値が8g/dl未満になると、動停、息切れなどの症状があらわれるとされ、
この値を目安に赤血球輸血が行なわれます。

 

大球性貧血(赤血球が正常より大きい)の場合に、正常な赤血球をつくるには、ビタミンB12が不可欠です。

 

そこで、ビタミンB12を多く含む食品(レバー、さんま、いわしなどの魚類、貝類、チーズなど)をよくかんで食べます。
ビタミンB12は胃切除例では吸収されないので、このような貧血では注射剤が使われます。

 

また、小球性貧血の場合は鉄欠乏があるので、鉄分の摂取が必要です。
なお、抗ガン剤治療中に起こる貧血に対して、現在、エリスロボエチン(赤血球をつくるのを促進する因子)という薬の臨床試験が行なわれています。

 

 

生活の注意

  • 急激な動きは避け、ゆっくり動き始める。症状があるときは安静に。
  • 寒気がしたら、衣類や寝具を調節して保温する。

 

 

骨髄抑制の起こる時期

使用する薬剤の種類によって程度の差はあるものの、骨髄抑制はほとんどの抗がん剤で起こります。

 

一般的に、抗ガン剤を長期にわたって仕様する場合に個続い抑制が起こりやすく、使用量が通常より多い場合、短期間に繰り返し使用した場合、多剤併用療法を受けた場合に症状が強く表れるとされています。

 

症状のあらわれる時期が各血液成分によって異なるのは、各血液成分の正常な寿命(半減期)と関係しています。

 

白血球の寿命はもっとも短く約6時間、血小板は約5~7日、赤血球は約120日です。

 

すでに血液中を移動している血球や、成長して骨髄中で待機している血球は、そのまま正常な寿命をまっとうするので、寿命が長い赤血球の場合、すぐには抗がん剤の影響をうけません。

 

しかし、寿命の短い白血球は抗がん剤治療後、1~2週間ほどで減少し始めます。

 

とくに感染のリスクを高める白血球減少と出血を引き起こす血小板減少は、ときに生命にかかわる事態になることもあるので注意が必要です。