抗がん剤の副作用として腎障害が起こることがあります

MENU

腎障害(尿量減少・むくみなど)

 

薬を排泄する能力が低下、腎不全に至る危険も

 

腎臓は、からだの老廃物(体内で不要になった代謝産物)を体外に排世する器官です。

 

血液を浄化する作用があり、老廃物を含んだ血液は、腎臓の糸球体で強過され、尿細管で再吸収・分泌を受けたあと、尿となって体外に排地されます。

 

一部の抗がん剤は腎毒性をもっており、大量に用いると糸球体腎炎や尿細管障害を起こすことが知られています。

 

また、抗がん剤の投与を受けている人の場合、腎障害の副作用がある抗生物質や免疫抑制薬など複数の薬剤を、同時に投与されていることが少なくありません。

 

その結果、腎機能が低下すると、老廃物が排泄されないまま血液中に増加し、腎不全(腎臓が働かなくなり、透析が必要な状態)に至る危険もあります。

 

 

腎機能低下のある人や、高齢者は要注意。

 

腎臓が正常に機能しなくなると、腎機能検査値に異常があらわれます。

 

血中尿素窒素や血清クレアチニンの上昇、クレアチニンクリアランスの低下などがみられたら、
腎機能が低下していると判断されます。

 

腎不全になると、尿量の減少、体重増加、浮腫(むくみ)、心不全、呼吸困難のほか、ひどくなると意識障害が起こることもあります。

 

透析を要するほど悪化することはまれですが、高齢者や腎機能の低下している人の場合は、腎不全に陥る危険性も高いので注意が必要です。

 

十分な尿量を確保するには

  • できるだけ頻回に十分な水分(1日1500~3000mlが目安)をとる
  • 水分摂取は、緑茶やウーロン茶、スポーツ飲料などでもよい
  • 尿意を感じたら、我慢せずに排尿する
  • 吐き気が強くて水も飲めないときは、点滴などで補う

 

 

 

 

代表的な抗がん剤と、腎障害の起こり方

 

腎障害を起こしやすい代表的な抗がん剤には、シスプラチン、メトトレキサート、マイトマイシンCなどがあります。また障害の起こり方として、次の二つのケースがあります。

 

抗がん剤の直接障害

抗がん剤またはその代謝産物が糸球体や尿細管に直接障害をもたらすもので、シスプラチンやマイトマイシンCによって起こります。
薬剤の投与量が多いと発症しやすく、急激に腎不全に陥ることがあります。

 

腫嬉崩壊症候群

抗がん剤の作用で腫傷細胞が崩壊し、尿酸やカリウムなどが大量に血液中に放出された結果、高尿酸血症、高カリウム血症などの重い代謝異常を生じます。
抗がん剤によく反出する白血病や悪性リンパ腫などで発症しやすく、急性腎不全や不整脈など致命的な経過をたどることもあります。

 

 

予防の基本は、水分補給と尿量の確保

 

腎障害に対する有効な治療法はないため、予防と早期発見が重要となります。
異常があらわれたときはすぐに医師に報告して、抗がん剤投与の中止を含めた適切な処置を受けることが、悪化させないためのポイントです。

 

腎障害の予防の基本となるのは、十分な水分補給と尿量の確保です。
これによって抗がん剤の排泄を促し、腎臓へのダメージを軽くすることができます。

 

大量の水分をとるのが不可能なときは、抗がん剤投与の前日から、水分をとる代わりに電解質輸液の点滴で水分を補います。
尿量が少ない場合には、必要に応じて利尿薬が使われることもあります。

 

腫瘍崩壊症候群が予想される場合は、前もって尿酸の上昇を防ぐ薬剤を投与して、治療を開始することもあります。

 

また治療中は、頻回に血液検査を受け、腎機能の状態を把握しておく必要があります。
この検査データにもとづいて、薬の投与量や種類を変更することにより、腎機能の改善が得られることが多いからです。