抗がん剤には呼吸困難という恐ろしい副作用もあります

MENU

呼吸困難(間質性肺炎・肺線維症)

 

発症すれば治療は中断。ときには致命症になるととも。

 

抗がん剤の副作用として肺に障害が及ぶことがあります。
肺毒性といわれ、ときにきわめて深刻な組織障害を引き起こし、致命的となることもあります。

 

抗がん剤によって起こる肺障害のメカニズムには、2つのタイプがあると考えられています。

 

 

直接的細胞傷害

抗がん剤あるいはその代謝物が直接、肺の細胞を傷つけます。
薬剤の使用量に比例して発症し、慢性の経過をたどることが多いとされます。
乾いたせき、動くと呼吸が苦くなる、微熱などの出状があらわれ、徐々に進行します。

 

間接的細胞傷害

抗がん剤あるいはその代謝物による炎症反応や免疫反応の結果、細胞が間接的に損傷を受けます。
抗がん剤の使用量とはとくに関係なく発症し、急性またはそれに近い亜急性の経過をたどるとされています。代表的な薬剤にメトトレキサートがあります。
発熱、せき、呼吸困難などが主な症状で、ときに急に呼吸不全に陥ることがあります。

 

 

ただ、これらの症状は感染性の肺炎などでも起こることから、抗がん剤による肺障害かどうかの診断は困難です。各種の検査を行なって総合的に判断されます。

 

 

ほとんどの抗がん剤で起こり、近年は間質性肺炎が増加。

 

多くの抗がん剤は、直接的細胞傷害による慢性型の肺障害を起す恐れがあります。

 

また、多くの抗がん剤には、間接的細胞傷害による急性・亜急性型の肺障害を引き起こす可能性があります。

 

抗がん剤の種類や、肺障害のタイプによっても異なりますが、一般的に、抗がん剤の総使用量、年齢(高齢者)、同時あるいは過去の胸部への放射線療法、ほかの抗がん剤との併用、肺疾患(とくに肺線維症、間質性肺炎)などが、肺毒性が生じやすい危険因子とされています。

 

抗がん剤の直接的細胞傷害による肺障害としては、酸素と炭酸ガスの交換をする本体である肺胞の隔壁、細気管支の周囲に炎症が起こる間質性肺炎が知られています。

 

間質性肺炎を発症すると、抗がん剤による治療を中止しても、肺の組織が線維化してかたくなる肺線維症が進行して、呼吸不全に至ることも少なくありません。

 

肺毒性があらわれやすい代表的な抗がん剤としてフスルファン、プレオマイシン、ゲフィチニブがあります。そのほかまれですが、カルムスチン、ニムスチン、シタラビン、イリノテカン、パクリタキセル、ゲムシタビンなどでも肺毒性があらわれることがあります。

 

なかでも、似性却の肺障害を起こすために使用量が規制されているブレオマイシンと、急性型を示し、重い間質性肺炎を起こすことがあるゲフイチニブが注目されています。

 

 

早期発見、早期対応が肝心。発症したらすぐ医師に連絡を。

 

異常を早期に発見し、ただちにがん剤治療を中止することが重要です。
そのため、とくにブレオマイシンやゲフィチニブを使用する際には、動脈血の酸素飽和度や酸素濃度を測定して、障害の予測に役立てています。

 

また、せきや息切れ、呼吸困難などの症状があらわれたら、すみやかに医師に報告します。

 

症状が改善しない場合は、ステイド剤が使用されます。
重症の場合はステロイド・パルス療法が行なわれます。

 

ただ、この療法はメトトレキサートのように免疫反応による場合はよく効きますが、ブレオマイシンやゲフィチニブなどにより急激に発症する間質性肺炎にはあまり有効ではなく、予後不良となるケースが多いとされています。

 

 

肺障害の生活の注意

 

少なくとも4時間おきに深呼吸をして、肺組織を広げる
鼻から深く息を吸い、5秒間息をとめ、腹筋を使ってい気を吐く

 

禁煙する

 

呼吸が苦しい時は椅子にまっすぐ座るか、ふとんなどを重ねた上に頭をのせて座る

 

疲れた時は休憩をとる