抗がん剤によって神経細胞へ直接ダメージを与えてしまうからだと考えられています。

MENU

抹消神経障害

 

抗がん剤の副作用で抹消神経障害が起こることがあります。
抹消神経障害どのような症状なのでしょうか。
また、抹消神経障害が起きたときの対処法をご紹介します。

 

抹消神経障害とは

 

足がしびれている男性

抗がん剤の副作用としてよくみられる症状の一つです。

 

症状の例としては、

  • 手足など四肢末端のしびれ感
  • 手足の感覚が無くなる知覚性運動失調
  • 筋力の低下

などがあげられます。

 

人により症状は違い、手足が冷たくなったり、しびれではなく痛みを感じたり、熱さや冷たさを感じられなくなったりなど様々です。

 

 

なぜ抹消神経障害が起こるのか

 

ビンカアルカロイド系製剤やタキサン系製剤やプラチナ製剤などの抗がん剤によって神経細胞へ直接ダメージを与えてしまうからだと考えられています。

 

実はメカニズムが明らかになっている訳ではないのです。

 

使用される製剤により症状は違い、比較的軽く済むものもあれば、重篤化してしまう恐れを引き起こすものもあります。

 

また、すぐ症状が現れるものもあれば、2ヵ月後など時間を置いて起きるものもあります。

 

 

抹消神経障害の症状が現れたら

 

早期の発見と早期の対策が大事になってくるので、少しでも異変を感じたら医師に相談しましょう症状により医師に適切に判断してもらうことが大切です。

 

 

抹消神経障害の対処方法

 

抹消神経障害は効果的な対処方法がないため、日常生活の見直しや抗がん剤を減量したり、一時中止するなどの対応がとられます

 

マッサージや手足の軽い運動や患部を温めることによって多少の改善ができることもあります。

 

また、漢方薬やビタミン製剤や抗うつ剤や痛み止めなどで症状を緩和する処置をとることもあります

 

なかでも日常生活の見直しは大事であり、症状により怪我をしたり悪化させないためのセルフケアが必要になってきます。