がんの治療中は悲観的になりやすいため、うつ症状を一層悪化させやすくなります。

MENU

うつ

 

抗がん剤の治療によってうつ症状になってしまう場合があります。

 

なぜうつの症状が出てしまうのでしょうか?
またうつ症状にならないためにどうすればいいのでしょうか?

 

うつ症状になりやすい抗がん剤

 

神経や精神などに影響を与えやすい抗がん剤と言われているのはインターフエロン、プレドニゾロンなどですが、まれにピンブラスチン、ピンクリスチン、シスプラチン、プロカルバジン、ピンデシン、キシフエン、インターロイキン-2、エキセメスタン、トラスツズマブ等でもうつ症状が見られる場合があります。

 

しかし、抗がん剤の副作用ばかりではなく、がんの治療や検査、病状や死に対してのストレスや悲観的な思考が引き金となり起こることも良くあります。

 

 

うつ病の症状

 

気分の落ち込み、睡眠障害、意味も無くイライラする、慢性的な倦怠感、自殺願望などがうつの症状の一例です。

 

頭痛やめまいや吐き気など体調に変化が出るときもあります。
うつ病とまでいかなくても、抑うつ状態である適応障害になる人もいます。
がんの治療中は悲観的になりやすく、うつ症状を一層悪化させやすくなります。

 

 

うつ症状への対処法

 

一人で抱え込まずに医師はもちろんのこと、周囲の人たちにも相談することが大事です。

 

病院であれば主治医が抗不安楽や抗うつ薬など薬の処方や精神科や心療内科の医師を紹介してくれるでしょうし、家族など周りの人のケアによりうつ病を緩和することができます。

 

また、うつ病なのは薬のせいだと割り切れる考えを持つことや、ストレス発散方法を見つけ出し実行することも大事なセルフケアになります。

 

焦らずゆっくり治療していく気持ちを持ちましょう。

 

うつ病を伴うがん患者の家族は安易な励ましはせず、本人の気持ちをよく理解し話を聞くことが大事なケアに繋がります。

 

悩みに対して答えを導き出そうとせず、ただ寄り添うことが大切です。